2014年11月5日水曜日

生命保険の営業を受ける


社会人になりたてで、ある程度のコミュニティを持っている人は
生命保険を中心とした保険営業を1度は受けたことがあるでしょう。

あまり知識がないところに勧められると良い話にしか聞こえず入ってしまいがちです。
僕も社会人1年目に生命保険に入りました。

ファッション投資家なりに考えてみました。

ズバリ、生命保険に入った方が良いか悪いかでいうと、「人それぞれ」だと思います。
結局、自分に合っているかどうかです。

まず本来の目的、病気や死に対しての保険はなんとも言えません。
不安がなくなる、葬式費を残せるなどといったたぐいの目的は
ほんとうに価値観が決めることであってここに合理的な話しは通用しません

では、投資としての生命保険はどうかという話しです。
ここで大きく分けるのは、株式投資や不動産投資を将来的にしたいかどうかです。

したいアクティブ運用派は入らない方がいいと思います。
しない堅実貯金派は入る方がいいと思います。

適当に簡単解釈すれば、
生命保険は少し金利の良い定期預金といったところです。
アクティブに運用したいのであれば、
動かせなく金利が中途半端な生命保険は向きません。

僕は何も知らずに貯金できると思って入った1年目をちょっぴり後悔しています。
あんまりオシャレでもないし。
ファッション投資家には必要なかったようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿