2015年2月9日月曜日

三陽商会と別れた英国バーバリーの行方

三陽商会とバーバリーのライセンス契約の終わりが近づいている。

以下、東洋経済の記事でもその行方を占っている。
http://toyokeizai.net/articles/-/59564

ファッション投資家として、非情に興味を持ったこの発表。
バーバリーというと、
僕自身は写真のようなバーバリープローサムのトレンチコートを持っている。

ファッション好きは基本的に本家好きなので、
三陽商会のバーバリーの購入は考えなかったものの、
その日本人にあった品質の高さとデザインは素晴らしいと思っていた。

日本にバーバリーを、ラグジュアリーブランドを広めたのは間違いなく三陽商会だ。
三陽商会バーバリーの駆け込み需要もあるらしい。

バーバリーを失った三陽商会は間違いなく苦しむだろう。
マッキントッシュやポールスチュアートもブランド力はあるがバーバリーには敵わない。

そして、英国バーバリーの行方。
かなり良い方向に進むのではないかと思う。
店舗や取扱店を増やしていかなければならないものの、
ライセンス商品がなくなった市場は、本家の独壇場だ。
それだけ日本でのバーバリーのブランド力は高い。
価格が高くなったってみんな飛びつくだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿