2015年3月10日火曜日

2015SSのトレンドはデニム!流行をおさえつつ長く使えるデニムの選び方


2015SSのトレンド、流行はデニムです。
ほとんどの雑誌にデニム特集が組まれています。

僕は、昔からデニムが大好きです。
レプリカジーンズもスキニージーンズも調べまくった時期がありました。
そんなデニムオタクの僕が若者のデニム選びを
雑誌とは違った独断と偏見で考えてみます!

①まずはどちらかだ!デニムの種類

デニムは大きく分けて2つです。
自分で育てるデニム出来上がっているデニムです。

スキニー、ダメージ、リジット、ブーツカット、
いろいろなデニムがあるかと思いますが、形や加工なんて2の次。
まずは育てるものか、出来上がったものかです。

デニムを育てて長く履き潰したい方は、
綿100%で洗いがほとんどかかってないものをお選びください。

育てるなんてどうでもいい、欲しい状態のものをという方は、
好きな加工、デザインのものをお選びください。

ちなみに僕自身は、デニムは育ててなんぼだと思っております。
ワンシーズンだけ、わざわざ加工をしたものを履くなんてもったいない。
ブームが終わった後も、履き続けていたいと思いませんか?

10年後、そういえばこれ2015年の春にデニムが流行ったときに買ったやつだ!
けっこうボロボロだけど、いい味出してる!
なんてなったら趣きがあると思います。

デニムを育て始める2015年の春夏になってほしい!!



②ブランドはどうする?

さて、デニムを育てるということが決まったのならどのブランドがいいのでしょうか?

デニム選びにおいてはブランドの系統を大きく4つ分けます。
レプリカ系、ファクトリー系、国外系、デザイナーズ系です。

レプリカ系は、
簡単に言うならば、古き良き時代のデニムを模範にしたデニムを作るブランドたちです。
レプリカジーンズブームの際にできたブランドが中心となっています。
育てるということには一番忠実ですが、
流行というデザインには乗れてないものが多いです。
デニムの歴史も感じながら履きたいオタク向け。
FULLCOUNT、WEAR HOUSEなど

ファクトリー系は、
デニムの品質にこだわりながら、スタンダードなものを作るブランドたちです。
レプリカ系に似ているところもあるかもしれませんが、
レプリカ系より落ち着いている印象です。
スタンダードでデザイン的にも品質的にも長く使えるものが多いです。
ひっそりと確かに良いデニムを楽しみたい人向け。
or slow、sanca、KATOなど

国外系は、
デニムの品質を保ちながら、スタイリッシュなものを作るのブランドたちです。
スキニーなデザインなどに定評があります。
雑誌では一番プッシュされてそうですね。
現代的スタイリッシュなデニムを履きたい人向け。
Nudie Jeans、DIESEL、DENHAMなど

デザイナーズ系は、
コレクションやそれに近い位置で活躍していながらデニムに定評があるブランドたちです。
ハイブランドが大好きな人向け。
APC、FACTOTUM、SAINT LAURENTなど

以上のように分類されると思います。
自分のスタイルにあった好みのものを選んでください。

③おすすめするデニム

最後にいくつかおすすめしたいと思います。

・RESOLUTE
デニム業界で有名な林芳亨さんのブランド。
デニムの歴史、こだわりが詰まった一本。
リゾルトHPより

・or slow
ゆったりとしたライフスタイルに合いそうな一本。
or slow HPより

・A.P.C.
行き過ぎないブランド力も兼ね備えたオールラウンドな一本。
A.P.C. HPより

独断と偏見がかなり混じりましたが、
男女共通ですのでぜひ参考にして、
長く使える一本に出逢ってください!

0 件のコメント:

コメントを投稿